読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イデアの昼と夜

東京大学で哲学を学んだのち、キリスト者としてブログを書いています。

ゆたさんと飲むコーヒー

『現代思想』3月増刊号の論文のことを記事に書いたら、僕と同じくはてなブログで記事を書いているゆたさん(id:SHADE)が、自分の記事のなかで論文を紹介してくれました!ありがとうございます。 実は、ゆたさんとは、すでに二度ほど会って話したことがあり…

『現代思想』に翻訳がのります

今日は、お知らせだけにとどめさせていただきます。本日、2月1日に発売される『現代思想』3月増刊号に、僕と助手のピノコくんが翻訳した論文が掲載されています! これは、「ガタリと人類学:アボリジニと実存的領土」というタイトルの、バーバラ・グロチ…

やけくそになって語りまくる

前回の話のつづきです。ナンカレーを食べてアジア料理屋さんを出て、赤羽のサンマルクカフェでコーヒーを飲んでいたとき、Sが言いました。 「ところで、キリスト教の教えってのは、どんなもんなんだ?まわりにクリスチャンがいないから、よく知らんのだが」…

アンティーク商人のS

ところで、今週の日曜日の午後には、フランスに留学していた時代の友人のSに会ってきました。彼は中国人で、ふだんは北京に住んでいます。 「よう、philo1985。元気してるか?こっちの商売は順調だよ。そっちは?な……。そりゃあ、ひどいな……。え、クリスチ…

しばらく、このままにさせてください

ネパール料理屋さんでの会話はつづきます。 「ああ、何もやりたくない!でもねTさん、僕は、この3ヶ月のあいだに、この世の中には生きてゆくのがめちゃくちゃに苦しい人がいるってことも、痛いほどわかりました」 苦しい人がいるならば、何かその人の助け…

ガパオを食べながら

金曜日の夜は、アルバイトを終えたあと、友人のTさんと一緒にいつものネパール料理店に行きました。 「Tさん。僕はもう、これ以上頑張りたくないんです!」友人としゃべっていると、正直な気持ちが出てきます。弱音を吐いても聞いてくれる人がいるというの…

この世が遠ざかる

魂の健康をいったん取りもどした(?)ところで、これからの生き方について考えなおしてみることにします。まずは、現状をかんたんに確認しておくことにします。 正直にいって、5月から10月の終わりまでは、ブログの未来を考えるのが楽しくて仕方ありません…