イデアの昼と夜

東京大学で哲学を学んだのち、キリスト者としてブログを書いています。

これ以上できません……。

 
 この文章を書いてるのは、12月9日、AM8:07だ。今日も、食道炎のせいで二時間も寝れなかったんだ、ピノコくん。ショパンを聞く気にすらならず、ただ部屋で布団にくるまって、絶望していた……。

 
 「……。」


 やっと気づいたんだ。僕は、何もできない人間なんだ。何かやろうと思ったら勝手にがんばりすぎて、ぶっ倒れる。去年の今ごろだってそうだった。何もできない。僕には、文字どおり何もできないんだっ!


 「……。」


 辛いときに辛いって言ったら、ダメなのだろうか、ピノコくん。頑張ろう日本、とひとは言う。でも、僕にはできないんだ。


 社会のせいにしたいわけではない。時代が悪いとも言いたいわけじゃない。ただ、僕にはできない。ムリなんだよ。たぶん、僕はこの世向きの人間じゃないんだ……。



食道炎 エヴァ シンジくん ガンダム アムロ・レイ ピノコくん



 いまの若者たちにも、そういう人は実は少なくないんではないのか。ガンダムなんて乗りたくないと、アムロ・レイは言う。シンジくんも、エヴァはもういやだって言ってる。僕はどうかと言えば、ただ布団にくるまってるだけで、いっぱいいっぱいだ……。


 いや、わからない。こんなことで悲鳴をあげてる僕が、どうしようもない甘ったれだっていう可能性はありうる。でも、他にどうしようもないくらいに弱るってことが、どんな人間にも起こりうるのではないだろうか。


 僕は、今まさにこのことを書かなきゃいけない気がするんだ。AM8:30。何かいいことについて書きたいのはやまやまだ。だけど、その前に魂のうめきをしぼりつくしておかないと。「苦しみを突きぬけて喜びへ」……!