イデアの昼と夜

東京大学で哲学を学んだのち、キリスト者としてブログを書いています。

死は想像不可能である

 
 想像不可能な出来事が哲学にとって無縁なものではないことを示す例として、私たちすべてにとって決して無関係ではありえないものがあります。


 「死は想像不可能である。」


 わたしが思考する意識であるかぎり、そのわたしは、わたし自身が消滅するという事態を、それそのものとして思考することはできません。なぜならば、わたしがわたしの消滅を思考しようと試みるとき、思考するわたし自身は、つねにすでに思考する意識として存在してしまっているからです。


 わたしは確かに、わたし自身を他人であるかのように見立てることはできる。「わたしはいつか死ぬだろう。避けようもなく。」しかし、そのことによってわたしは、わたしの消滅を経験するのではなく、ただ、死んでゆく誰かをわたし自身として思い描くことができるだけです。


 死は、想像不可能である。しかし、わたしは、その想像不可能なことがいつか必ずわたしに到来することを知っている。死の問題は、想像不可能な出来事というモメントがわたしの生の構造のうちに不可避的に入り込んでいることを告げているといえます。



死 意識 トム・ヨーク レディオヘッド


 

 「眠りというものがあるではないか。想像不可能も何も、わたしたちは毎日眠り、そして起きているのではないのか。」


 確かに、その通りです。しかし、そのことはわたしの意識の消滅という出来事が当たり前のものであることを示しているのでなく、むしろ、私たちの日常において想像不可能な出来事がたえず起こっていることを告げているのではないか。


 筆者には、眠りというもののうちには死と同じように、どこか神学的なところのあるもののように思われます。終わりに、現代のアーティストであるトム・ヨークが、おそらくは死について歌っている一節を紹介させていただくことにします。


 「ひとりひとり  ひとりひとり。
  僕たちみんなにやって来る。
  枕みたいにやわらかい。」
Radiohead ”15 step”)



 
 
 
 

  [トム・ヨークレディオヘッドについては、もしよろしければ、こちらの記事をご覧ください。]