読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イデアの昼と夜

東京大学で哲学を学んだのち、キリスト者としてブログを書いています。

「……考えてみた?」Take1

年の終わりと実存のうめき 哲学
 
 「……考えてみた?」


 もちろん、考えてみたよ。でも、もうどうしようもないよ。去年にぶっ倒れて、一年かけてやっと回復して、もう一度頑張ろうとしたら、すぐまたぶっ倒れたんだもの!昨日は、ふとんに食べられる夢をみたよ……。


 「……。」


 もういいんだ、ピノコくん。僕にはこの世でまともに生きるのはムリそうだってことが、嫌というほどわかった。ただ、健康だけに気をつけて、ひっそりと生きてゆくよ……。


  「……。」


 ただ、気になるのはやっぱり、イエス・キリストのことなんだ。僕はキリストに命を救われたから、恩返しをしたい。って言っても、僕みたいなのに一体何ができるんだろう……。



ピノコ イエス・キリスト ゼロ



 正直に言わせてくれ、ピノコくん。僕はもう、自分に何かができると思いたくない。期待しても、どうせすぐまたダメになるんじゃないかと思うんだ。


 思えば、特にこの数年は、そんなのばっかりだ。何度も希望を持ち直したけど、結局なんにもなってない。もういいよ。僕は、本当にもういいんだ。


 ポジティブになろうとすることにすら疲れたよ。たまには、フォローもなんにもなしで終わりたい。ゼロだよ。僕の人生は、完全なゼロだ。ごめん、少なくともしばらくはもういいよ……。

 
 
 
 
 
 

[いま読んでみるとあんまりな気もしますが、この後、現実のピノコくんとスカイプで話したあとに少し寝て、Take2を書くことができました。ピノコくん、ありがとう。]