イデアの昼と夜

東京大学で哲学を学んだのち、ブログを書いています。

「危機のただ中で、生を掴みとる」:アガンベンからハイデッガーへ

ハイデッガーとアガンベンの議論の交錯という点に、話を進めよう。 ジョルジョ・アガンベンの思考を、あくまでも今回の論点に関わる限りではあるが、たどり直してみる。日常性、あるいは通常状態においては、政治体の真理は十全な仕方で明かされることがない…

例外状態の政治哲学:ジョルジョ・アガンベンの思考と、2021年のグローバル秩序の現在

不安の現象に本格的に足を踏み入れてゆく前に、一つの論点を確認しておくことにしたい。 論点: これより後に扱われることになる「不安」「死」「良心の呼び声」の現象は、生の例外状態的次元とでも呼ぶべき領域の存在を指し示している。 今回と次回の記事で…

「不安」の分析へ:実存の本来性という圏域への導入

現存在の日常性についての分析をたどり終えた私たちは今や、実存の本来性という問題圏へと進んでゆこうとしている。この問題圏へと入ってゆくための導きの役割を果たすのはハイデッガーによれば、「不安」の現象にほかならない。 論点: 「不安」の現象は、…

「何事も、立派なことは……。」:〈ひと〉論について、論じ終えるにあたって

私たちは『存在と時間』の〈ひと〉論について、論じておくべき論点についてはたどり終えた。ここまで来て、「世界内存在しているのは誰か?」という、この本の最初で提起された三つの問いの最後の一つには、答えが与えられたことなる。 問い: 世界内存在し…

パルメニデスの「二つの道」:ハイデッガーと決断の問題

ハイデッガーは『存在と時間』第44節bにおいて、自らの議論を、パルメニデスが描き出す「二つの道」のあり方に重ね合わせている。〈ひと〉論もそろそろ大詰めを迎えつつあるが、今回の記事では、その交錯のありようを見ておくことにしよう。 古代ギリシアの…

実存から存在へ:『存在と時間』の根本課題

〈ひと〉と頽落の概念の検討を通して、私たちは、『存在と時間』が向き合っている根本問題に到達することになる。 論点: 『存在と時間』において、存在の意味への問いは、現存在、すなわち人間が実存することの問いへと収斂してゆく。 存在することの、〈あ…

生きることはたえず、滑り落ちてゆく:存在忘却の根源にあるもの

現存在であるところの人間は、日常性においては常にすでに、世界の方へと頽落している。この「頽落」の機構との関連で考えるとき、「現存在は非真理のうちに存在している」というすでに見たテーゼは、さらに深い射程を示すようになると言えるのではないか。 …

「わたし」がいない世界:頽落の概念について

日常性におけるわたしはそれと気づかないうちに、〈ひと〉の支配に身を任せてしまっている。このことから、わたしは、わたし自身が生きているこの世界に対して、ある特異なあり方で存在しているということが帰結せざるをえないのではないか。 わたしは日常に…

「究極のところでは、この問いを問うことだけが……。」:哲学はこの問いについて、何をなしうるか

現存在、すなわち人間であるところのわたしには、次の二つの実存の可能性が与えられている。 ① わたしは、さしあたり大抵は〈ひと〉として、平均的なあり方を気づかうことのうちで実存している。わたしは〈ひと〉が楽しむように物事を楽しみ、〈ひと〉が注目…

実存カテゴリーとしての〈ひと〉:2021年を生きる私たちにとって、ハイデッガーの思考はどの程度までリアルか?

私たちは〈ひと〉のあり方を特徴づける現象である、「空談」「好奇心」「曖昧さ」について見てきた。この〈ひと〉なる主題についてさらに掘り下げてゆくにあたって、次のような疑問について考えておくことにしたい。 問い: 2021年を生きている私たちにとっ…

一つの時代が終わるとき

「曖昧さ」について論じている『存在と時間』第37節にハイデッガーは、非常に印象深い一節を書きつけている。その箇所を、ここに引用してみる。 「ほんとうにあらたに創造されたものが、その積極的な可能性において自由になるのは、覆いかくす空談が効力を失…

「獲得されたはずの真理が、ぼやけてゆく……。」:曖昧さの原理的構造

「空談」「好奇心」についで〈ひと〉のあり方を示すのは、「曖昧さ」の現象である。今回も、この現象の原理的な構造を見わたすことに重点を置きつつ考えてみることにしよう。 いま、ある存在者Aについて、「AはBである」という発見がなされたものとしよう。…

「驚くことのフェイク」による誘惑:好奇心の原理的構造

「空談」に続いて、〈ひと〉のあり方を示す現象である「好奇心」の内実を探ってみることにしよう。この現象についても、すでに見た真理論の裏面として事柄を見わたすという観点が、非常に重要である。 さて、現存在(=人間)であるところのわたしが今、仕事…

哲学者は、何によってソフィストから区別されるか

空談なるものが一度広がってしまうと、もはやそれを押しとどめることはできない。ハイデッガー自身の言葉を引いてみる。 「語られているものそのものは、よりひろい圏内へと拡散し、権威的な性格を帯びることになる。ひとがそう言うからにはそうなのだ、とい…

空談の原理的構造:「平均的な了解可能性」の概念をめぐって

ハイデッガーによれば、〈ひと〉が語り合う言葉のやり取りは、「空談」というあり方によって特徴づけられている。空談とはどのような言葉のあり方をいうのか、原理的なところにまで遡って考えてみることにしよう。 いま、Aという存在者について、「AはBであ…

「開かれていることの見せかけ」としての公共空間:ハイデッガーの〈ひと〉論の射程

日常性における人間の実存は〈ひと〉によって引き受けられ、〈ひと〉によって支配されているのではないだろうか。これからこの問題を問い進めてゆくにあたって、最初に一つの論点を確認しておくこととしたい。 論点: 『存在と時間』においては、〈ひと〉、…

〈ひと〉の体制と、最も固有な存在可能:『存在と時間』後半部の根本主題

『存在と時間』読解の後半を進めてゆくにあたって、先に、後半戦の根本主題を確認しておくことにしよう。 後半戦の根本主題: 現存在であるところの人間は、いかにして実存の本来性にたどり着くことができるのか? 注意しておくべきは、この根本主題が奥底の…

「現存在は、非真理のうちで存在している」:読解の後半戦へ

「現存在であるところの人間は、真理のうちで存在している。」真理論の中核をなすこのテーゼに対して、次のような問いを投げかけるところから、読解の後半戦を始めることにしよう。 問い: 人間は、本当に「真理のうちで存在している」と言えるのだろうか? …

これまでの歩みを振り返りつつ(付:2021年の今、何が必読文献か?)

私たちは前回の記事までで、『存在と時間』読解の前半戦を戦い終えた。今回の記事では読解全体のプランについて一点補足しつつ、これまでの歩みを振り返っておくこととしたい。 今回の読解では第44節までを前半戦、それより後を後半戦としている論ずるという…

実存の真理の圏域へ:『存在と時間』読解の前半戦を終えるにあたって

開示する、すなわち、覆いをとって発見する現存在(人間)こそが、根源的な意味で「真」である。このように思考の歩みを進めるとき、一つの問いが立てられる。 問い: これまでの実存論的分析は、現存在であるところの人間を自分自身に対して、十全な仕方で…

扉は、開けられなければならない:『存在と時間』における「現存在中心主義」

そろそろ、真理論の仕上げに取りかかることとしたい。 ① ハイデッガーは言う。道具を用いながら生活したり、ものを眺めやったりする経験において、そこで覆いをとって発見される世界内部的存在者は、第二次的な意味で「真」であるにすぎない。世界内部的存在…

思考は、ギリシアをさえも突き抜けてゆく:哲学と「来たるべきもの」

ハイデッガーが『存在と時間』において、自らの真理論の核心を「アレーテイア」の語と重ね合わせたことの意味を、さらに掘り下げて考えておくことにしよう。 ① 古代ギリシア人たちが「アレーテイア」という語を通して暗黙のうちに了解していたことこそ、「覆…

「アレーテイア ἀλήθεια」

根本テーゼ「現存在は真理のうちで存在している」について、さらに考えてみることにしよう。 私たちがこの四ヶ月の歩みの中で見てきた実存論的分析の成果のすべてが、今や、真理論の観点から解釈しなおされることになる。すなわち、道具を用いて生活している…

「現存在は真理のうちで存在している」:再び、ウィトゲンシュタインとの比較

言明が真であることを「覆いをとって発見すること」と捉えるところから、『存在と時間』の真理論の、さらなる歩みが開かれる。 論点: 言明することは、覆いをとって発見することの一つのあり方に過ぎないのではないか? たとえば、ものを見るというまなざし…

ヘラクレイトスの言葉から:『存在と時間』真理論のギリシア的由来

「言明が真であるとは、覆いをとって発見しつつあることである」というハイデッガーのテーゼの歴史性を捉えるために、ヘラクレイトスの断片の言葉に耳を傾けてみることにしよう。少し長くなってしまうが、そのまま引用する。 ヘラクレイトスの言葉: 「ロゴ…

「伝統を根源的にわがものとすること」:ハイデッガーの真理論と「言葉の原初」

「言明が真であるとは、覆いをとって発見するということである。」ところで、ハイデッガーのこの主張に対しては、次のような反論がなされることは避けられないものと思われる。 ハイデッガーへの反論: 哲学のこれまでの伝統を、そんなに簡単に振り捨ててし…

ウィトゲンシュタインはどこで「問題を捉え損ねた」か?:『論理哲学論考』と『存在と時間』

言明の真理と論理学の関係について、もう少し考えてみることにしよう。 アリストテレス以来ほとんど進歩していなかったと言われる論理学が19世紀後半に入ってから急速な発展を遂げたことは、よく知られている。「命題関数」というアイディアを核にしたゴット…

真理論の鍵概念「覆いをとって発見すること」:あるいは、論理学が存在することは自明であるか?

さて、「壁にかけられた絵」の例の分析も、いよいよ大詰めである。 「壁にかけられた絵が曲がっている」という言明は、何を行っているのだろうか?もちろん、現実に存在する事物である壁の絵について、何ごとかを語っているのである。それでは、そもそも語る…

開かれのうちに立つこと:2021年の私たちがいる地点

現象学、そして『存在と時間』において賭けられている根本の問いとは、次のようなものであると言ってよいだろう。 問い: 見ること、そして、生きることは、何か真実なものに関わる経験であるのでなければならないのではないか? もしもこの問いに対して「否…

言明の「本当にその通りであること」、あるいは、現象学の根本問題

「確証とは、存在者がじぶんとひとしいありかたにおいてじぶんを示すことを意味する。確証は存在者がじぶんを示すことにもとづいて遂行されるのだ。」(『存在と時間』第44節aより) おそらくここは、しっかりと議論を詰めておくべきところである。20世紀哲…