イデアの昼と夜

東京大学で哲学を学んだのち、ブログを書いています。

探求の見取り図:本全体の流れをつかむ

本論の内容に入ってゆくにあたって、まずは大まかな見取り図を得ておくことにしたい。今回の読解では、筆者はハイデッガー自身による本の構成に大まかに言えば重なるような形で、『存在と時間』を二つの部分に分けて論じてゆく予定である。 ①読解の前半では…

生きることを取り戻す:『存在と時間』序論の読解を終えるにあたって

私たちは、『存在と時間』序論の核となる論理をたどり終えた。これまでの歩みを要約しておこう。 『存在と時間』序論の論理: ①「そもそも存在するとは、何を意味するのか。」哲学は、この問いをあらためて設定するべきである(存在の意味への問い)。 ②とこ…

「決断の瞬間における狂気についての学」:実存論的分析論の深淵

論点: 実存の概念は、それが学問になるのかならないのかが問題とされうるような、一種の限界概念である。 現存在、すなわち人間の存在には「各自性」という性格もあると、ハイデッガーは指摘する。人間が選び取るその時々の存在のあり方は、「そのつど私の…

実存、その栄光と悲惨

「人間を、人間として根源のところから問い直す。」正統の路線を貫き通すことが、突き抜けて、秩序の未曾有の改革に至ってしまうことがありうる。ある意味では、哲学における王道の中の王道とも言える問題設定のうちに、ハイデッガーは爆弾のような概念を忍…

人間を根源から問い直す:『存在と時間』の問題意識

私たち人間は必ず常にすでに、何らかの存在了解のうちで生きている。ハイデッガーはここから、『存在と時間』における自らの課題を設定するに至る。 『存在と時間』の問題意識: 存在の意味への問いを問うためには、まずは現存在、すなわち、人間という存在…

存在と人間、あるいは、ハイデッガーの「大勝負」について

存在するとは、そもそも何を意味しているのだろうか。ハイデッガーが『存在と時間』の探求を始めるにあたって注目した事実とは、次のようなものであった。 『存在と時間』の出発点: 私たち人間は、常にすでに、何らかの存在了解のうちで生きている。 了解と…

哲学の歴史と「存在」の問題圏

ハイデッガーが設定した「存在の意味への問い」そのものに移る前に、哲学がこれまでこの「存在」なる問題とどのように向き合ってきたのかについて、短く振り返っておくこととしたい。二千年以上続いてきた哲学の営みにおいて、存在するという動詞が鳴り響い…

存在の意味への問い、あるいは、「ある」の衝撃について

ハイデッガー自身の言葉から始めることにしよう。『存在と時間』はプラトン『ソフィスト』の一節を引用した後、次のように始まる(翻訳は、熊野純彦氏による岩波文庫版から行う)。 「『存在する』という語で、私たちはそもそもなにを意味しているのか。この…

哲学者の光と影 ハイデッガーとナチズム

『存在と時間』の内容に入る前に、もう一点だけ付け加えておかなければならないことがある。それは、この本の著者であるマルティン・ハイデッガーが、この本を出版した六年後の1933年に、ナチス党の党員としてフライブルク大学の学長に就任したという歴史的…

1927年 『存在と時間』出版の衝撃

外面的な事情を確認するところから始めることにしよう。1927年に出版されたマルティン・ハイデッガーの『存在と時間』は、当時の哲学界でたちまち未曾有の反響を引き起こした。 出版当時30代の後半であったハイデッガーはそれまで、なかなか本を出さないこと…

ハイデッガー『存在と時間』を読む

今回の記事から始まる探求で試みてみたいのは、二十世紀の哲学の歴史を筆者なりの仕方で振り返ることである。 時が経つにつれて、筆者の哲学の探求はますます「存在の超絶」という理念に収斂するようになってきている。この理念自体は、哲学の歴史との対話の…

省察への補足:永井均氏の哲学について

前回までの『デカルト的省察』においては、すべてを飲み込むような懐疑の自己破壊的な力が振るわれる中で、省察するわたしがいかにして一人の実存する人間としての自分自身を取り戻すことができるのかを探求した。次の探求に入る前に、この問題設定が、今の…

デカルト的省察の終わりに

当初の問い: 何の前提を置くこともなしに、絶対に疑うことのできない真理なるものが何か存在するか? この省察を始めるにあたって、私たちは上の問いを立てた。この問いに対してはいまや、次のように答えることができそうである。 答え: 省察するわたしが…

補論:「わたしは人殺しになるわけにはゆかない」を拒んでしまった時には、何が起こるのか?

最後に、後回しにし続けてきた論点を補足しておかなければならない。 問い: 懐疑するわたしが「わたしは人殺しになるわけにはゆかない」という論理を受け入れない時には、何が起こるのか? 私たちの省察においては、すべてを飲み込むような懐疑の自己破壊的…

省察するわたしが、悪霊に向かって言いうること

前回までで省察の行程をたどり終えたが、この行程に関してもう一つ、哲学上の帰結を確認しておくことにしよう。 論点: 懐疑する省察は最後の地点で、悪霊による欺きの可能性をも超えて、信を信じることの根拠を提示する。 「わたしの目に映るすべてのことは…

「今や、『この生』が取り戻される……。」

さて、他者への信を受け入れる決断がなされ、「他者であるあなたは存在する」が省察するわたしにとって疑いえないものになるのと同時に、私たちが以前に根源的信と呼んだ信もまた疑いえないものになってくると言えるのではないか。 根源的信(再提示): 根…

自己破壊的な疑いの果てに、辿り着いた存在

論点: 「他者であるあなたの心が存在する」は、懐疑するわたしの疑いが決して破壊し尽くすことのできない、最後の一点にほかならない。 懐疑とは、ある意味では自らの生に対して振るわれる自己破壊に等しい。ひょっとしたらすべては嘘なのではないか、世界…

信と決断、超絶へと向かう実存

省察するわたしの決断: わたしは他者への信を、妥当するものとして信ずる。すなわち、わたしは、「他者が存在する」という事実を、あるいは事実と思われるものを、まさしく事実であると受け止めることを決意する。 この決断に関してまず注意しておかなけれ…

決断の瞬間

他者への信: わたしがこの生において出会う他者たちの意識は、存在する。 このような信は、それがなければ私たち自身の生が全く成り立たないというくらいに根底的なものである。そして、これまでの検討の結果示されつつあるのは、省察し、懐疑するわたしに…

他者への信と、哲学的ゾンビ

私たちの省察がたどり着いた「絶対に疑いえないもの」について、さらに掘り下げて考えてみることにしよう。 省察の根本洞察: 他者の意識は、わたしが人間として生き続けようとする限りは絶対に疑いえないものとして、認識の主体であるわたしを超えたところ…

「絶対に疑いえないもの」への到達

もしもある経験が、夢や虚構ではなく現実のものであるならば、他者の意識の存在を認めないわけにはゆかない。もしそうであるとすれば、このことは、「現実であると思われる経験の中では、いかなる時にも他者の存在を認めないわけにはゆかない」ことを意味す…

倫理学への導入、あるいは、現実なるものの限りない重みについて

今回の省察で最も重要な部分の論証に、取りかかることとしたい。 論点: 省察するわたしには、他者の存在を否定することは不可能なのではあるまいか? 今、わたしの目の前に、他者であるあなたが存在するとしてみる。悪霊による欺きのような可能性を考えるな…

存在の超絶

論点: 他者の意識は、それがもし存在するとすれば、「存在の超絶」として存在するはずである。 まずは、問題の輪郭を見定めるところから考察を始めることにしよう。他者の意識がもし存在するとすれば、その意識もまたわたしと同じように、思考しているはず…

省察の後半戦:他者の問題圏へ

さて、ここからがいわば省察の後半戦である。後半戦の問題設定は、次のようになる。 問題設定: 他者の存在は、懐疑する省察に対してあの「絶対に疑いえないもの」を提示するのではないだろうか。 省察するわたしは自分自身の生、あるいは自分自身の生である…

三月の振り返り

少し早いけれども、内容の区切り上、この辺りで三月の歩みを振り返っておくことにしたい。月の初めに開始した省察もここまでで前半部分が終わり、ここからが後半である。振り返りなので少し気を緩めて、普段の探求の裏話のような事情も含めて書いてゆくこと…

現代における、二重の脅かしについて

懐疑し、省察するわたしを取り巻く歴史的状況について、少し別の側面からも補足を加えておくことにしよう。懐疑において提起される「現実の現実性をめぐる問い」には、この考察を終えたすぐ後に取り組む予定である。 ①人間の大地的側面、すなわち、自然的存…

大地的人間と観念的人間

歴史に関する考察は単に補足的なものであるというよりも、省察において何が問題になっているのかを改めて問い、事象そのものへとより根源的な仕方で入り込んでゆくことを促すという点で、本質的なものである。ごく簡潔な見取り図を得るために、いわばミュト…

「危機」の時代は本当に終わっているのか

問い(再提示): 根元的信は、本当に妥当しているのか?そして、そうであるとすれば、その根拠は「疑いようのない現実であると思われるものが、わたしの意識に与えられている」という事実以外のどこにあるのか? このような問いを問わなければならない必然…

現実の圧倒的な力に抗しつつ、哲学の問いを問う

前回に論じた根源的信とは、それによってたとえば「わたしは今、この部屋にいる」のような最も身近な認識も可能になるといったような、私たちの生を根底から支える信念にほかならない。 このような信はほとんど意識されないままに働き続けているものであって…

私たちの生の根底にあるもの

論点: 生きることそのものは、ある根源的信に基づいてのみ可能になるのではないだろうか。 懐疑に基づく省察は、私たちが知っていると考えていることの根拠を問いただし、人間にとっては知るということそのものが、あるいは、生きることそのものさえもが信…