イデアの昼と夜

東京大学で哲学を学んだのち、ブログを書いています。

ハイデッガー『存在と時間』を読む

単独者であることの務めを、他者と分かち合うこと:あるいは、十返舎一九はいかにしてこの世を去っていったか

死ぬことの可能性は、実存、すなわち「可能性に関わる存在」を生きる人間存在の、その極限の姿を指し示す。次の課題は、この可能性がいかなる可能性であるのかを、存在論的な仕方で見定めることである。死の実存論的概念を構築することに向かって、ハイデッ…

キルケゴールからハイデッガーへ:実存のリアルは、「可能性へと関わる存在」として人間に差し迫っている

ハイデッガー自身の言葉を取り上げるところから、「死へと関わる存在」をめぐる議論の方へと戻ってゆくことにしよう。 「生をはなれることを医学的-生物学的に探究することで、存在論的にも意義を有しうる成果を獲得することが可能であろうが、それは、死に…

2021年、哲学の現在はどこにあるのか:マルティン・ハイデッガーとエマニュエル・レヴィナスの思索を通して、見えてくるもの

存在問題を問うという点に関しては、もう一つの補足をしておかなければならない。今回の記事の内容は『存在と時間』の読解の範囲を超えて、もう少し広い問題の圏域を取り扱うことになるが、哲学の歴史を顧みつつこのブログの目指すべきところを見定めたいと…

哲学の歴史にとって、1927年とはいかなる年であったか:『存在と時間』と私たち

論点: マルティン・ハイデッガーによって「死へと関わる存在」のモメントと共に「存在の問い」が提起されたことは、哲学の歴史そのものにとって無視することのできない意味を持つのではないだろうか。 私たちはここで、哲学の歴史を〈存在〉の問題圏を軸に…

「存在の意味への問い」:Sein zum Todeの概念において、賭けられているもの

論点: 死の現象は『存在と時間』が提起している「存在の問い」そのものにとって、根源的というほかない重要性を持つものである。 ハイデッガーの言葉を借りるならば、死ぬこととは人間にとって、現存在することの「不可能性の可能性」を意味している。すな…

「わたしが存在する」という事実の、存在論的な射程について:パスカルが、デカルトにあくまでも抗い続けた理由

現代の哲学書である『存在と時間』が、近代の哲学に対して立っている歴史的な位置という問題については、もう少し掘り下げて考えておかなくてはならない。デカルト『省察』のよく知られた箇所を、ここで思い起こしてみることにしよう。 「それゆえ、すべての…

『存在と時間』の根本テーゼ「実存の各自性」:「現存在であるところのわたしは、他の誰でもない『この人間』としての生を生きることのうちへと呼び出されている」

「死はそのつど私のものである」という『存在と時間』第47節の表現は、この本自体の道行きを考える時には、きわめて重要な意味を持ってくる。なぜなら、この本の探求が本格的に開始される第9節の時点において、ハイデッガーはすでに、次のように書きつけてい…

「わたしが、去りゆく『その人』と決して分かち合えないこと」:共同相互存在の臨界点

現存在、すなわち人間の「死へと関わる存在」は、どのように規定されるのだろうか。この点を明らかにするにあたってハイデッガーがまず指摘するのは、次の論点にほかならない。 論点: 私たちは人間の「死へと関わる存在」を解明するために、他者たちの死と…

Sein zum Tode:反対論への回答

17世紀の哲学者であるスピノザの主著『エチカ』の第4部定理67は、次のようになっている。 『エチカ』第4部定理67: 自由の人は何についてよりも死について思惟することが最も少ない。そして彼の知恵は死についての省察ではなくて、生についての省察である。 …

エピクロス派の人々による反対論:「そもそも、死について深刻なことを考えるということ自体がナンセンスなのではないか?」

それにしても、私たちは死というこの主題に対して、どのようにして接近を試みることができるだろうか。まずは、ハイデッガーが指摘している次の論点を確認するところから、考え始めてみることにしよう。 「現存在が存在者として存在しているかぎり、現存在は…

「非常にセンシティブで、慎重を要する問題」:「死へと関わる存在」の分析へ

実存の本来性の圏域へと踏み入ってゆくにあたって最初に問われるのは、人間の「死へと関わる存在」に他ならない。 論点: 『存在と時間』の第二篇第一章のタイトルは、「現存在の可能な全体的存在と、死へとかかわる存在」となっている。 哲学史に残っている…

「理解」の究極的な形としての、先駆的決意性:実存の本来性の分析へ

私たちは「不安」の現象の分析を終えて、いよいよ実存の本来性の圏域に踏み入ってゆこうとしている。「死への先駆」と「良心の呼び声」の分析を開始するにあたって、まずは前もってこれから先の見通しを得ておくことにしたい。 論点: 「死への先駆」と「良…

『ゴルギアス』が語ること:「不安」についての分析の終わりに

不安の現象を通して、現存在であるところの人間の根源的なあり方はついに、「気づかい」として規定されることになった。この現象についての分析を締めくくるにあたって、次のような問いを考えておくことにしたい。 問い: 「あなたは『不安』の奥底にまで突…

生はその秘密を、「恐るべきもの」の後ろに隠す:「自由のめまい」としての不安

不安の気分をめぐる分析は、「可能性に関わる存在」としての人間の姿を浮き彫りにしつつある。しかし、このことは、生の経験それ自体と、それを描き出す実存論的分析の間に結ばれる、一筋縄ではゆかない関係の存在を指し示さずにはおかないのではないか。 不…

「可能性に関わる存在」:キルケゴールの例を通して

不安の気分は、人間の「剥き出しの生」をそれとして開示する。しかし、不安が不安がるとは一体、実存論的-存在論的に見るならばどのような事態であると言えるのだろうか。この点をさらに解明するために手がかりとなるのは、不安とは、不気味なものの「予感」…

不安が露呈させるのは、「剥き出しの生」にほかならない

ハイデッガー自身の言葉を手がかりにして、さらに不安の分析を進めてゆくこととしたい。 「不安の〈なにをまえに〉は完全に未規定的である。[…]手もとにあるものや目のまえにあるものにかんしては、世界内部的に、その適所全体性が覆いをとって発見される…

不気味さは特定の対象を持たない:「不安」と「恐れ」との違いについて

まずは古典的とも言える論点を確認するところから、議論を始めることにしよう。 論点: 恐れとは異なって、不安は、世界のうちに存在する特定の存在者を不安の対象として持つわけではない。 恐れの気分について、まずは考えてみる。現存在であるところのわた…

「危機のただ中で、生を掴みとる」:アガンベンからハイデッガーへ

ハイデッガーとアガンベンの議論の交錯という点に、話を進めよう。 ジョルジョ・アガンベンの思考を、あくまでも今回の論点に関わる限りではあるが、たどり直してみる。日常性、あるいは通常状態においては、政治体の真理は十全な仕方で明かされることがない…

例外状態の政治哲学:ジョルジョ・アガンベンの思考と、2021年のグローバル秩序の現在

不安の現象に本格的に足を踏み入れてゆく前に、一つの論点を確認しておくことにしたい。 論点: これより後に扱われることになる「不安」「死」「良心の呼び声」の現象は、生の例外状態的次元とでも呼ぶべき領域の存在を指し示している。 今回と次回の記事で…

「不安」の分析へ:実存の本来性という圏域への導入

現存在の日常性についての分析をたどり終えた私たちは今や、実存の本来性という問題圏へと進んでゆこうとしている。この問題圏へと入ってゆくための導きの役割を果たすのはハイデッガーによれば、「不安」の現象にほかならない。 論点: 「不安」の現象は、…

「何事も、立派なことは……。」:〈ひと〉論について、論じ終えるにあたって

私たちは『存在と時間』の〈ひと〉論について、論じておくべき論点についてはたどり終えた。ここまで来て、「世界内存在しているのは誰か?」という、この本の最初で提起された三つの問いの最後の一つには、答えが与えられたことなる。 問い: 世界内存在し…

パルメニデスの「二つの道」:ハイデッガーと決断の問題

ハイデッガーは『存在と時間』第44節bにおいて、自らの議論を、パルメニデスが描き出す「二つの道」のあり方に重ね合わせている。〈ひと〉論もそろそろ大詰めを迎えつつあるが、今回の記事では、その交錯のありようを見ておくことにしよう。 古代ギリシアの…

実存から存在へ:『存在と時間』の根本課題

〈ひと〉と頽落の概念の検討を通して、私たちは、『存在と時間』が向き合っている根本問題に到達することになる。 論点: 『存在と時間』において、存在の意味への問いは、現存在、すなわち人間が実存することの問いへと収斂してゆく。 存在することの、〈あ…

生きることはたえず、滑り落ちてゆく:存在忘却の根源にあるもの

現存在であるところの人間は、日常性においては常にすでに、世界の方へと頽落している。この「頽落」の機構との関連で考えるとき、「現存在は非真理のうちに存在している」というすでに見たテーゼは、さらに深い射程を示すようになると言えるのではないか。 …

「わたし」がいない世界:頽落の概念について

日常性におけるわたしはそれと気づかないうちに、〈ひと〉の支配に身を任せてしまっている。このことから、わたしは、わたし自身が生きているこの世界に対して、ある特異なあり方で存在しているということが帰結せざるをえないのではないか。 わたしは日常に…

「究極のところでは、この問いを問うことだけが……。」:哲学はこの問いについて、何をなしうるか

現存在、すなわち人間であるところのわたしには、次の二つの実存の可能性が与えられている。 ① わたしは、さしあたり大抵は〈ひと〉として、平均的なあり方を気づかうことのうちで実存している。わたしは〈ひと〉が楽しむように物事を楽しみ、〈ひと〉が注目…

実存カテゴリーとしての〈ひと〉:2021年を生きる私たちにとって、ハイデッガーの思考はどの程度までリアルか?

私たちは〈ひと〉のあり方を特徴づける現象である、「空談」「好奇心」「曖昧さ」について見てきた。この〈ひと〉なる主題についてさらに掘り下げてゆくにあたって、次のような疑問について考えておくことにしたい。 問い: 2021年を生きている私たちにとっ…

一つの時代が終わるとき

「曖昧さ」について論じている『存在と時間』第37節にハイデッガーは、非常に印象深い一節を書きつけている。その箇所を、ここに引用してみる。 「ほんとうにあらたに創造されたものが、その積極的な可能性において自由になるのは、覆いかくす空談が効力を失…

「獲得されたはずの真理が、ぼやけてゆく……。」:曖昧さの原理的構造

「空談」「好奇心」についで〈ひと〉のあり方を示すのは、「曖昧さ」の現象である。今回も、この現象の原理的な構造を見わたすことに重点を置きつつ考えてみることにしよう。 いま、ある存在者Aについて、「AはBである」という発見がなされたものとしよう。…

「驚くことのフェイク」による誘惑:好奇心の原理的構造

「空談」に続いて、〈ひと〉のあり方を示す現象である「好奇心」の内実を探ってみることにしよう。この現象についても、すでに見た真理論の裏面として事柄を見わたすという観点が、非常に重要である。 さて、現存在(=人間)であるところのわたしが今、仕事…