イデアの昼と夜

東京大学で哲学を学んだのち、ブログを書いています。

ハイデッガー『存在と時間』を読む

「その時、世界とは生そのものであろう」:『存在と時間』における「理解」の概念

世界における物、あるいは道具のあり方について改めて考えなおすところから、『存在と時間』で語られている「理解」という現存在(人間)のあり方に迫ってみることにしよう。 たとえば、椅子である。日常生活の中で、私たちは椅子を単なる物体の塊として経験…

「わかる」と「できる」の世界:内存在の第二の契機「理解 Verstehen」

「情態性」に次いで内存在のあり方を規定する契機の二つ目は「理解」である……が、『存在と時間』における「理解」の概念について論じ始めるにあたってまず指摘しておかなくてはならないのは、ハイデッガーがこの「理解Verstehen」なる語を、普通の意味とはか…

気分との向き合い方:私たちが音楽を必要とすることの、実存論的な背景について

情態性について論じ終えるにあたって付け加えておかなければならないのは、ハイデッガーは気分なるものの押しとどめがたい執拗さについて語りつつも、人間がそれに対して抵抗してゆく可能性についても指摘しているという事実である。 「現存在は事実的に、知…

〈運命〉の次元、あるいは、悲劇的存在としての人間について

情態性と被投性の概念について、もう少し掘り下げて考えておくことにしよう。 私たちは自分自身がその時に感じている気分について、あまり注意を払わないまま済ましてしまうことがある。それどころか、嫌な気分や不機嫌な気分を感じている時には、何とかして…

どれだけ逃げても逃げ切れない:被投性の概念について

論点: 情態性がむき出しにするのは、すでに存在してしまっており、存在しなければならないという、人間の裸形の事実性にほかならない。 良い気分、あるいは上機嫌の気分を感じている時には、ひとはわざわざ「わたしはなぜ存在しなければならないのか」と自…

気分、あるいは、直観することの天才について:内存在の第一の契機

内存在を構成する三つの契機のうちの一つ目が、「情態性」である。これは普通の言葉でいえば、気分という現象に対応するものである。 気分に関する根本テーゼ: 気分は現存在、すなわち人間のそのときどきの存在がどのようなものであるかを、その度ごとに開…

「運命を掴みとれ!」:内存在の分析へ

私たちは、現存在、すなわち人間という存在者の根本体制であるところの「世界内存在」に関して、すでに「世界」については論じ終えた。私たちは次に、「内存在」の解明に移ることにしよう。その解明がなされた後にこそ、『存在と時間』において語られている…

「現存在は〈ここに〉いるのではなく、〈あそこに〉いる」:ハイデッガーの空間論

私たちは前回までで、『存在と時間』の世界論については論じ終えた。今や私たちは現存在、すなわち人間について、世界内存在という語を自由に用いることができる。人間は、世界内存在する。すなわち、人間は世界のうちで、そのつど常にすでに適所性のネット…

愛は、どのようなまなざしであるべきか:『存在と時間』の世界論を論じ終えるにあたって

『存在と時間』の世界論を論じ終えるにあたって最後に指摘しておきたいのは、ハイデッガーが現存在(人間)と世界との関わりについて語るにあたって、「世界との親しみ」という表現を用いているという事実である。 すでに論じたように、私たちが日常のうちで…

「生きることは、信じるに値するのか」

日常における物の存在は、現存在、すなわち人間が人間として存在することを目立たないところから支えている。『存在と時間』の世界論を締めくくるにあたって、私たちは、このような見方に対する次のような疑義に向き合っておかなくてはならない。 疑義: こ…

ア・プリオリを生きるとは:ハイデッガーと超越論哲学

ハイデッガーとともに、日常における物の存在を問う私たちの探求は、その最内奥に達しつつあるようである。 物あるいは道具は、それらのものが作り上げている壮大な連関であるところの、適所全体性のうちで出会われる。この適所全体性こそが、世界が世界であ…

根本テーゼ「人間は実存する存在者である」:物が存在するということの意味を通して

前回の論点を再確認するところから、始めることにしよう。 すでに何度か取り上げてきたので、スマートフォンの例を続けることにする。スマートフォンの充電用コンセントそれ自体は、それを使う人間との間に直接の関係を取り結ぶわけではない(=コンセント単…

適所全体性が向かうもの:『存在と時間』世界論の核心へ

そろそろ、『存在と時間』世界論の核心部分に踏み込む時がやって来たようである。 問い: 適所全体性、すなわち、物と物との間に取り結ばれる、目もくらむほどの連関の総体としての世界は、何を「目的としている」のか? 道具は道具全体性、あるいは適所全体…

空と大気、闇と光:世界のうちで出会われる自然

世界とは共同世界、あるいは公共世界でもあったけれども(前回の記事参照)、私たちは、この世界なるもののさらなる広がりを探ってみなければならない。 論点: 私たちが道具との関わりのうちで生きている「配慮的気づかい」の世界は、自然との関わりのうち…

存在のざわめき:世界とは共同世界である

世界が世界であることには全体性という契機が関わっているとして(前回の記事参照)、この全体性なるものは、果たしてどこまで広がっているものなのだろうか。 『存在と時間』におけるハイデッガーの主張: わたしが生きる世界はそのまま、わたしがそこで他…

道具全体性、あるいは、生活自身がそれであるところの神秘について

現存在、すなわち人間と道具との関わりについて、もう少し掘り下げて考えてみることにしよう。 論点: 道具を用いるという経験には、必ずその時々の状況を構成する全体性という契機が関わってくる。 たとえばわたしが、早朝、部屋の中で、ノートに文章を書き…

目くばりの次元:ハイデッガーの世界論が目指すもの

A子さんの周囲世界は、ふだん使っているスマートフォンの電源が切れることによって、かえって閃くこととなった(前回の記事参照)。しかし、このように目立つわけではないとしても、世界という現象への手がかりは、私たちの日常のうちにも常に存在し続けてい…

A子さんの配慮的気づかい

ふだんは目立つことのない道具なるものが目立ったものとなってくるケースとして、ハイデッガーは「目立ってくること」「押しつけるようなありかた」「手に負えないこと」の三つを挙げている。ここではその内から「目立ってくること(利用できないこと)」に…

道具の目立たなさ:日常における「物」への問い

私たちがふだんはっきりと気づくことのないままにその内を生きている「世界」とは、いったい何なのだろうか。この問いを問うにあたってハイデッガーが打ち出すテーゼとは、次のようなものである。 『存在と時間』における世界論の根本テーゼ: 世界が世界で…

まなざしの訓練:世界の世界性をめぐる分析へ

『存在と時間』の本論の内容に踏みこんでゆくことにしよう。ハイデッガーとともに最初に私たちが取り組むことになるのは、「世界とは何か?」という問いにほかならない。 ハイデッガーがこの本で提唱した「世界内存在」という表現はよく知られているが、「世…

生きることを取り戻す:『存在と時間』序論の読解を終えるにあたって

私たちは、『存在と時間』序論の核となる論理をたどり終えた。これまでの歩みを要約しておこう。 『存在と時間』序論の論理: ①「そもそも存在するとは、何を意味するのか。」哲学は、この問いをあらためて設定するべきである(存在の意味への問い)。 ②とこ…

「決断の瞬間における狂気についての学」:実存論的分析論の深淵

論点: 実存の概念は、それが学問になるのかならないのかが問題とされうるような、一種の限界概念である。 現存在、すなわち人間の存在には「各自性」という性格もあると、ハイデッガーは指摘する。人間が選び取るその時々の存在のあり方は、「そのつど私の…

実存、その栄光と悲惨

「人間を、人間として根源のところから問い直す。」正統の路線を貫き通すことが、突き抜けて、秩序の未曾有の改革に至ってしまうことがありうる。ある意味では、哲学における王道の中の王道とも言える問題設定のうちに、ハイデッガーは爆弾のような概念を忍…

人間を根源から問い直す:『存在と時間』の問題意識

私たち人間は必ず常にすでに、何らかの存在了解のうちで生きている。ハイデッガーはここから、『存在と時間』における自らの課題を設定するに至る。 『存在と時間』の問題意識: 存在の意味への問いを問うためには、まずは現存在、すなわち、人間という存在…

存在と人間、あるいは、ハイデッガーの「大勝負」について

存在するとは、そもそも何を意味しているのだろうか。ハイデッガーが『存在と時間』の探求を始めるにあたって注目した事実とは、次のようなものであった。 『存在と時間』の出発点: 私たち人間は、常にすでに、何らかの存在了解のうちで生きている。 了解と…

哲学の歴史と「存在」の問題圏

ハイデッガーが設定した「存在の意味への問い」そのものに移る前に、哲学がこれまでこの「存在」なる問題とどのように向き合ってきたのかについて、短く振り返っておくこととしたい。二千年以上続いてきた哲学の営みにおいて、存在するという動詞が鳴り響い…

存在の意味への問い、あるいは、「ある」の衝撃について

ハイデッガー自身の言葉から始めることにしよう。『存在と時間』はプラトン『ソフィスト』の一節を引用した後、次のように始まる(翻訳は、熊野純彦氏による岩波文庫版から行う)。 「『存在する』という語で、私たちはそもそもなにを意味しているのか。この…

哲学者の光と影 ハイデッガーとナチズム

『存在と時間』の内容に入る前に、もう一点だけ付け加えておかなければならないことがある。それは、この本の著者であるマルティン・ハイデッガーが、この本を出版した六年後の1933年に、ナチス党の党員としてフライブルク大学の学長に就任したという歴史的…

1927年 『存在と時間』出版の衝撃

外面的な事情を確認するところから始めることにしよう。1927年に出版されたマルティン・ハイデッガーの『存在と時間』は、当時の哲学界でたちまち未曾有の反響を引き起こした。 出版当時30代の後半であったハイデッガーはそれまで、なかなか本を出さないこと…

ハイデッガー『存在と時間』を読む

今回の記事から始まる探求で試みてみたいのは、二十世紀の哲学の歴史を筆者なりの仕方で振り返ることである。 時が経つにつれて、筆者の哲学の探求はますます「存在の超絶」という理念に収斂するようになってきている。この理念自体は、哲学の歴史との対話の…